イクラ通信 in seattle

tonkogu.exblog.jp

からだのこと④

やっと診察・・・といいたいところだけれど、
ここでまた問題。
予約時にに頼んだはずの通訳さんがいませんでした(涙)
というか、オーダーが入ってないと言われてしまいました。

あ~~~、入ってないんじゃなくて、そちらが入れるのを忘れたんでしょう。
こういうところ、本当にイヤ。

気を取り直して。

担当医(男性)は、とても物静かな感じの、
お医者さんというよりは銀行員のような印象。

日本での診察の結果、今現在の体調、日本の病院で処方された鉄剤を服用していることを伝え、
日本から持って帰った紹介状とMRIの画像を提出。
このMRI画像、大活躍するのかと思いきや、
気にも留めてもらえませんでした。
自分の病院で再度MRIを撮ってみないことには、詳しいことは分からない。
新たに撮ったMRIの画像をもとにこれからの治療方針を話し合いましょう!と言われてしまいました。

日本だと当り前のようになっている(と思う)エコー検査もなく、触診のみ(苦笑)
アメリカでは妊娠中の検査でもエコー検査の回数が少ないとは聞いていたけれど、
まさかの病気の場合でもエコーなしとは、ちょっと驚き。

診察が終わり、血液検査のための血液採取をし、
MRIの予約と次の診察の予約をして、
やっとたどり着いたアメリカでの子宮筋腫治療の1回目終了でした。

疲れた・・・ どっと疲れました。
またMRIか~。日本で撮ってからまだ1ヶ月経ってないのに。はぁ・・・

つづく
[PR]
by tongarikoguma | 2013-10-28 13:47 | 日常