イクラ通信 in seattle

tonkogu.exblog.jp

からだのこと⑧

3回の注射も終り、手術の約2週間前にドクターの検診がありました。
ドクターに会うのは、MRIの結果を元に治療方針を聞いた時以来なので、約4ヶ月ぶり。

ここでも、あらあらら・・・ということが起こりました。

まず、頼んでいたはずの通訳さんが手配されていませんでした。
術前の大切な注意事項があるだろうし、色々と事細かに聞きたいこともあったのに・・・

実は手術を決めた時点で、3回の注射、そして術前検診、全てまとめて予約していたのです。
もちろん通訳さんの手配も。
それなのに、3回の注射時の通訳は手配されていて(本当は注射だけだから、1人で大丈夫だった)
肝心な検診時に通訳さんが居ないなんて。

お願いだから、しっかり仕事して~033.gif

そして、久しぶりのドクターとの検診は、お話だけで終了。
あらっ、勝手にね、勝手なんだけれど、3回の注射の効果がどれだけ出ているのか、
術前にエコーで確認するもんだと思ってました。

ないんだ(笑)

今回もグーーーッタリ。

後日、手術の4日前に体調や準備万全かどうかの確認電話があるはずだったのに、
なぜか私ではなくShuのほうに連絡が(しかも、留守電にメッセージで)

言ったよねーーー。これは私の携帯に連絡してねって。
わざわざ電話番号も書き足してもらったのに。
あぁ、ちゃんとしてぇー!031.gif

さらに、手術時間は前日にならないと決まらず、連絡待ちだったのに、
今度はお昼を過ぎても連絡が来ず。
午後2時ころ、shuが問い合わせて、やっと教えてもらえました。
9時半から手術開始。朝の8時までに病院に着いてるようにとのこと。

どれもこれも、すんなりといかないことだらけでした047.gif



つづく
[PR]
by tongarikoguma | 2013-11-07 16:17 | 日常